本文へスキップ

沖縄の離島



沖縄の離島



数多くある沖縄の離島には、スキューバーダイビングに来て沖縄の海に魅せられて移住する人が結構多いので地元の人より本土の人と接する機会が多いと思います。

石垣島

八重山諸島は19の島々があり、そな中の石垣島は西表島・竹富島と周辺離島へのアクセス拠点となるため、八重山諸島の政治・経済・文化の中心となる島です。
詳しくはこちらからご覧ください

西表島

沖縄本島からは約460Kmと遠く、しかし台湾からは約200Kmという、日本の南西の端っこに位置しています。
面積は沖縄県では沖縄本島に次ぐ二番目に大きい島ですが、その90%を亜熱帯の原生林に覆われて温暖湿潤な気候に恵まれた西表には多くの川が流れ、無数の滝がありまさに東洋のガラパコスです。
手つかずの自然がいっぱいの西表島はマングローブをすりぬけて滝を眺め洞くつ探検しサンゴの海を堪能しても石垣島からの日帰りが可能です。
西表島モンスーンが行うシュノーケリングはウミガメ遭遇率90%を誇る最高のツアーを用意しています。
水中観光船じゅごんは、潜水室があり海中2mほど潜り360度どこからもキレイなサンゴ礁等を見る事が出来ます。

竹富島


一休.com 提供
  周囲9.2kmと自転車を借りて回れば半日もかからない島ですが、昔ながらの琉球瓦の屋根に魔除けのシーサーが乗っていて、白砂を敷き詰めた道と琉球石灰岩の塀や一年中咲き乱れいるハイビスカスは誰もがイメージする沖縄の原風景がそのまま残っている島です。
星砂の浜で有名なカイジ浜は潮の流れが速いので遊泳は禁止ですが、木陰があるのでキレイな海や浜を眺めながらのんびりするのはいかがでしょう。
コンドイビーチは白い砂と透き通った青い海が美しいビーチですが、遠浅で波がないため海水浴には絶好のポイントですがシュノーケリングには不向きです。
星野リゾートの「星のや竹富島」もあるので、沖縄ならではのゆったりした贅沢な時間を過ごしてはどうでしょう?
星のや 竹富島はこちらでご予約が出来ます。⇒星のや 竹富島

八重山諸島

石垣島・西表島・竹富島の他に、NHKドラマ「ちゅらさん」の舞台になった小浜島はリゾートホテルやゴルフ場もあり八重山きってのリゾート地でもあります。
島がハート型をしているので別名「ハートアイランド」と呼ばれている黒島は人口に対して10倍以上の牛が放牧されている島でウミガメが産卵に訪れます。
日本最西端の与那国島はドラマ「Dr.コトー診療所」のロケ地で有名な島で、台湾まで111kmなので運が良ければ台湾の島影が望めます。
日本最南端の有人島の波照間島のニシ浜ビーチは独特の青い輝きを放ち八重山有数の美しさを誇る海で有名で、12月〜6月にかけて天気が良ければ肉眼で南十字星が見れる事でも有名。

八重山諸島を上手に観光するのに便利な、石垣島・西表島・竹富島・鳩間島・小浜島・黒島のフェリー乗り放題の石垣島ドリーム観光や、1日で2〜4島を周遊できる安栄観光や、連続した3日間・4日間で10航路が乗れる八重山観光フェリーなどがあるので上手に島々を観光して下さい。

宮古諸島(宮古列島)

宮古島・池間島・大神島・来間島・伊良部島・下地島・多良間島・水納島の8つの有人島とその周囲の無人島を宮古諸島(宮古列島)と呼んでいます。
詳しくはこちらから

久米島

沖縄本島から西に約100km離れており飛行機で約30分で行ける久米島は、水が豊富な緑豊かな島で琉球時代の頃から最も美しい島「球美の島」=「くみのしま」と呼ばれてきました。
一番の見どころは「はての浜」で、その美しさは東洋一とも言われています。
「はての浜」は久米島から見て手前から「メーヌ浜」・「ナカの浜」・「はての浜」と3っの浜があり、
360°エメラルドグリーンの海に囲まれている砂浜だけの島でテレビの撮影やプロモーションビデオの撮影にも使われています。
久米島から「はての浜」への渡し船サービスはイロイロありますが一般的には「ナカの浜」へ渡す業者が多いのですが、「はての浜」まで渡してくれる業者やグラスボートを使ってサンゴなどを見せてくれる業者もあるので予約の際に相談してみて下さい。
はての浜特集サイト




a a a