本文へスキップ

やんばるエリア



やんばるエリア


辺戸岬

  ドライブスポットとして有名な辺戸岬は本島最北端で那覇市から120キロの所にあります。
岬全体は緑地として整備されていて、隆起サンゴ礁の断崖を紺碧の海が取り包み与論島を望む景勝地で与論島との友好を記念した鳥の像が立っていたり、本土復帰を願って「かがり火集会」が行われた歴史があり祖国復帰闘争記念碑も建てられています。

国頭村辺戸
許田ICから車で約59キロ
 

茅打バンタ

  辺戸岬と並んで国頭村を代表する景勝地で宜名真トンネルの上の断崖は約70mもあり展望所からはコバルトブルーの海と緑深い亜熱帯の森が見渡せます。
束ねたカヤを落とすと吹き上げる強風でバラバラになった事からなずけられ「バンダ」とは沖縄の方言で「崖」という意味です。

国頭村宜名真
許田ICから車で約57キロ

 

大石林山

   辺戸岬手前にある聖地、大石林山は2億年前の石灰岩からできた日本唯一の熱帯カルスト地形で沖縄国定公園になっています。
奇岩巨石が林立する巨岩・石林感動コースや辺戸岬を望む美ら海展望コースなど4コーストレッキングコースがあり古来から聖地アスムイと呼ばれて数々の神話が伝わりパワースポットとして注目の観光スポットになっています。

国頭村宜名真1241
許田ICから車で約58キロ
入山料 大人800円 小人500円
年中無休 営業は9時〜

比地大滝

比地大滝キャンプ場から比地川沿いに延びる整備された遊歩道は往復3キロ自由にトレッキングは約40分かかります。
キノボリトカゲや鮮やかなチョウなど亜熱帯の植物が生い茂るやんばるの森ならではの生き物を探すのも良いと思います。
終着地には沖縄本島最大規模の滝があり落差は約26mあり自然のミストが気持ち良いです。

国頭村比地781−1
入場は9時〜16時 入場料500円
許田ICから車で約40キロ

慶佐次湾のヒルギ林

ヒルギとはマングローブの事で慶佐次川下流域には沖縄本島で最も広いマングローブが形成され国の天然記念物に指定されています。
東村ふれあいヒルギ公園として整備されていて、河岸には遊歩や展望台が整備されていて気軽に自然観察が楽しめます。
カヌーを利用して川を上っていくカヌーツアーもありますが所要時間が約3時間かかりますが、沖縄の自然を楽しむのはいかがでしょうか?
東村慶佐次 東村ふれあいヒルギ公園周辺
許田ICから車で約33キロ

道の駅 大宜味

目の前には海、後ろには森が広がる道の駅 大宜味は、大宜味村特産のシークヮーサーの加工品が数多く並んでいます。
1階の食堂の水には普通にシークヮーサーの果汁が入っており、ソフトクリームもシークヮーサーソフトが人気があります。
海を眺めたい人は、2階にあるレストランでドライブの休憩も兼ねて疲れを癒してはいかがでしょうか?

左は、道の駅の横にある滝の写真です。

沖縄県大宜味村根路銘1373
許田ICから車で30km




a a a